昇輝,フォークソング,フォーク酒場

昇輝ホームページ

HOMEプロフィールライブ情報オリジナルPhotoアルバムイベント写真リンク昇輝&BROTHER'S

《プロフィール》

・1959/5/8〜1975/8

北海道の留萌で生まれたらしい

1歳か2歳で秋田県由利郡象潟町へ(現、にかほ市象潟町)

小学校時代から歌が大好きでしたが、兄に音痴と言われ、

人前では、歌うことができずに、山に向かって唄っていた。

中1の時、始めてベンボーズと言う4人組グループで学校のステージで唄う。

基本は拓郎の曲を中心に4人で唄い、ひとりで陽水の「傘がない」を唄う。

それがきっかけで昇輝は陽水だと評判となる。

その後、中3の時の学年集会で、1度、唄ったのみであった。

・1975/8〜1977/3

高校を中退し、16歳で金沢のスナック、17歳で京都でバーテンをしながら

花見小路のスナックでも唄っていた。

1977/6〜1978/3

象潟に戻り、友川かずきの前座をしたり、同級生五十嵐稔が結成していた

チャリンコとD51(喫茶店)でライブを行う。

・1978/4〜1981/3

酒田南高校に入学し、佐とう龍守(現、BRONZEのリーダー)と知り合いと

なり、ハードロックバンドFLAPのボーカルをするかたわら、弾き語りライブも行う。

・1981/4〜1985/3

岩手大学生となり、フォーク実験室と言う音楽サークルでBayer(バイエル)

(ハードロック系バンド)でボーカル&サイドギターを担当する。

・1985/4〜2001/5

社会人となり、音楽と無縁の生活を行う。

・2001〜2004/11

2001年に赤坂の「ナチュラ」と言うお店の10年記念のために、オリジナル曲

「ナチュラ」を書き下ろす。その後、10数曲の楽曲を創作するが2002年に

仕事のため名古屋へ単身赴任となり、作曲活動は中止する。

2004年に御徒町を歩いていた時にフォーク酒場「F」を発見し、

創作活動を再開し、同時にステージの楽しみにはまる。

・2004/11〜2005/11

2004/11/25に大動脈解離と言う病気のため、慶應病院に救急車で

搬送される。

1年間、安静ため、音楽活動、アルコール等の夜の行動は中止する。

・2006〜2008

2006年の吉田拓郎とかぐや姫の復活のつま恋ライブに感動し、

それをきっかけに「昭和」,「旅のつづき」,「落陽」,「風に吹かれて」,「亜古木」,

「PENYLANE」などのフォーク酒場で唄い始める。

・2008/2〜2009年

2008/2の瑞江のHOTコロッケでのライブをきっかけにライブハウスなどでも

唄い始める。

現在、御徒町のアコースティックダイニング「F」で

定期的ライブを行っている。

 
・2009年から現在

2009年からバンド名:昇輝&BROTHER'Sを結成し、新橋の「さんろす」などの含めてバンドでも活動中

インフォメーション

Copyright (C) 昇輝ホームページ(www.show-ki.com). All Rights Reserved.

サイトマップ

design テンプレート